君が居なきゃ生きられない

新規ジャニオタの雑事

ハルは二階から降ってこない(「JKハルは異世界で娼婦になった」を読んでほしい)

ジャニオタブログのはずだがまた少し違う記事を書くことをお許しください。

 

今回私が紹介するのは、「小説家になろう」というサイトに投稿された「異世界転生もの」であり、性的な描写が多く含まれる…というかほとんどの話に入ってくる「R-18」だ。けれど高校生の方にも進めたくなってしまう、そんな作品である。

 

皆様は「小説家になろう」というサイトをご存知だろうか。いわゆる小説投稿サイトであり、近頃書籍化される作品が多い。

その中でも特に多いのが「異世界転生もの」だろう。異世界で現世の能力をつかい誰よりも優れた存在で世界を謳歌する。教室の片隅にいるいわゆるオタクが夢見ずにはいられないストーリーだ。

一部には嫌煙されがちな要素を使用していながらこの物語の虜になった。性描写が多い。けれど高校生に読んでほしいような作品だ。

 

「JKハルは異世界で娼婦になった」

JKハルは異世界で娼婦になった

かなりこのタイトルだけで思う人はあるだろう。それでも、読んでほしい。

世界観はいわゆるファンタジー。RPGめいた世界というか。全てが男尊&女卑(本編中に出てくる表現方法、口に出すと少し滑稽だがそれでも実情はあまりにつらい)で、女性のみで食事をすると特異な目で見られる。そんな世界だ。

主人公ハル(と名乗るようになる)の語り口調が本当にイマドキの女子高生を再現している。軽く、難しい単語は出てこない。つかいこなしている作者さんの文章のセンスに脱帽だ。

ハルと一緒に転生し冒険者として世界をチートで謳歌する陰キャラだった千葉と、ハルに惚れる異世界の住人スモーブなどキャラクターの人間味も色濃く記憶の中の誰かしらと重なることができるのではなかろうか。

この物語はひたすらに、苦しい。人間の多面性であり男性の残虐性の描き方がリアルなのだ。けれど主人公ハルはいろんな意味で強い。それは彼女の過去からくるものでもあり、この世界で手に入れたものでもある。

 

私はこの物語が好きだ。だから読んでほしい。この心が少し痛むような物語に触れてほしい。そして、一緒に考えてほしい。続きが欲しいけれどそれは娼婦である彼女、の物語ではなくなってしまう。ジレンマを抱えながらあれこれに想いを馳せることすら、その傷みに再び触れることすら愛おしい。そんなこの物語が大好きだ。

用は道連れがほしい。どうか私と一緒に、苦しくなってください。

 

…ネタバレを極限避けたつもりだがどこかしらに思わず漏れて居てしまったら申し訳ない。

 

 

ついでに。

ツイッターでアンケートを行ったところおおよそ100名の方にご協力をいただけた。ありがとうございます!!

とある登場人物の展開は察せられたか、と

また別の登場人物の声優さんは誰を想像したか、を聞いてみる内容の二つだった。

前者は多くの方が察して居た。自分の読解力の無さと考察の甘さが憎い。

後者はとある方に集中するかと思いきや思いの外割れてとても面白かった。こういった立ち位置に起用されやすい声優さんといえば、という方を選んで選択肢を作ったのだが某ゲームの某キャラの影響かとある声優さんが非常に強かった。(正直、私もそのキャラのせいでその方で想像してしまった)

V6担キスブサに怯えて安堵する

どうもV6モンペです。

キスブサのことは知っていた…というか毎回録画している。かなりすきな番組だ。Kis-My-Ft2の皆さんも個性が豊かで楽しい。が、近頃みなさんで競っていないのをみながら寂しく思っていた。

そこに我らが三宅くんが来るということで不安と期待で感情がぐるぐるした。

 

キスマイ担の方に知ってほしいのは、まず健くんはかなりアイドルを意識してくれるアイドルということである。以下軽いまとめ。

  • V6にはなぜかglee乙女ゲームがリリースされていた(なお惜しまれながらすでに配信終了している)のだが、三宅くんは本人がまさかのプレイしていた。しかも剛健コンビという古来からあるシンメに従ってか剛くんしか攻略していなかったとの噂。イベントではシナリオをフルコンプしていた(かなり大変)という。つまりすごいガチ。
  • 三宅くんは排泄物がマシュマロ(という設定)。ラジオがとにかく愛に溢れておりその文字起こしが公式ブログで読めます。
  • ソロ曲に「悲しいほどにア・イ・ド・ル 〜ガラスの靴〜」がある。悲しいほどにアイドルである。
  • ファンのことをとにかく大事にしてくれる。今ジャニーズWebでは三宅くんの連載が一年ぶん読めるのだがとにかく優しい。20周年の記念日には自分のV6のファンクラブ会員証(なぜかV6のファンクラブ会員証はキーホルダーである)のリングを左手の薬指に通した写真をアップしてくれた。

などがある。なお、ほんの一例である。

 

そんな三宅くんが来るということでかなり期待していた。多分三宅くんはもともとキスブサを見ているだろうと思ったらその話をしていてやはりな、という気持ちである。後輩の番組チェックも欠かさないのが三宅くんのアイドル力の一つだ。

 

しかしわたしはどうしても、最下位近辺になった場合辛辣な意見がぶつけられるのではないか、キスの仕方というのはいわゆる「同担拒否」な方々に不快な思いをさせてしまって批判されるのではないか、ととにかく心配になってしまった。

なにせ三宅くんは上にあげた通りとにかくアイドルとはいえもうキスマイさんとはだいぶ歳が離れている。もしかしたら評価する女性に刺さらないかもしれない。

 

そう怯えつつも迎えた今回。

最高だった。

キスの仕方というお題をむしろ待ち望んでいた方が多く散見されたし、三宅くんもよかったとキスマイ担の方に言っていただけてとても嬉しかった!

本当にありがとうございました!

 

わたしが見た限りは、リアルなラブセンの中の三宅くんだった。わたしがあの日あの時ゲームの中とはいえ付き合っていた三宅くんそのものみたいな言動と行動で胸が苦しくて仕方ない。

 

三宅くんはチャラか見えるかもしれないがとにかく努力の人で礼儀正しい。和風なものがすきで潔癖症であり、意外かもしれないが煙草は吸わないしお酒も飲めない。そんな可愛らしい人だ。

 

(個人的にすきな礼儀正しいエピソードは、

紅白で伍代夏子の後ろで踊らさせていただく、を踊らされる、と噛んでしまって死ぬほど落ち込み

(V6の他のメンバーに慰められていたレベル)

後日詫び状をお送りしたという話だ。

伍代夏子さんがそれをラジオで話されていて、「気にしなくていいとお酒を贈ったが飲める年齢だっただろうか」と気にされた(※当時すでに35歳)というオチも最高である。大好き。)

 

手話をファンのために習得した、とかダンスは苦手だったところから周囲から評価されるほどになった人である。すこし自由すぎるところもあるがそこもまた愛らしい人誑し、三宅健くんを気になった方がいればぜひ!今回のV6のアルバムを手にとってほしい所存だ。全曲のPVが付いているDVD付きである。CMの宣伝文句が「無茶したな、V6」だったりする。ファンは心配です。

 

THE MUSICDAYのシャッフルメドレー2017年度まとめ

昨年度までのものがこちらになる。ご査収ください。
MUSIC DAYのジャニーズシャッフル大予想大会跡地+2016年度ジャニーズシャッフルメドレー記録 - 君が居なきゃ生きられない
 
さて今年度はすでに公式サイトさんのほうで公開されている。
THE MUSIC DAY 願いが叶う夏|日本テレビ
 
けれどまとめるのは正直若手のグループさんだと誰がどのグループさんかわからなくなるからである。許してほしい。以下敬称略。

 

ジャニーズシャッフルメドレー 第1部 

weeeek(NEWS)

硝子の少年(KinKi Kids)

Real Face(KAT-TUN)

無責任ヒーロー(関ジャニ∞)

感謝カンゲキ雨嵐(嵐)

 

ジャニーズシャッフルメドレー 第2部

Ultra Music Power(Hey!Say!JUMP)

Venus(タッキー&翼)

WAになって踊ろう(V6)

オリジナルスマイル(SMAP)

花唄(TOKIO)

 

以上である。今回は数年前にやったものが多いのが残念だ。24時間テレビの時に披露したものだったりするのかもしれないのでその時の映像が流れる可能性もなくはない。

 

本日突発性難聴で入院することになった堂本剛くんのことが痛ましい。一日も早い回復を願ってやまない。

彼はNEWSのWeeeekかタッキー&翼のVenusに入る予定だったのではないかと公式サイトを見て思ったがそれだったらとても残念だ。

 

 

 

ここから妄言である。

〜もしV6が今回出ていたらどこに配属されたか考えてみた〜

 

NEWS→三宅くん

理由…昨年度は誕生日で最後だったのでど頭に。あのダンスをする三宅くんがみたい。

関ジャニ∞→岡田くん

理由…関西出身なのになぜか関ジャニ∞の歌を歌っていない気がするから見て見たい。

嵐→坂本くん

理由…坂本くんのMADE IN JAPANレベルのバラバラのラップが聞きたい。歌えなくても諦めないでね!

KAT-TUN→長野くん

理由…おそらくジャニーズの中でも全くもってギリギリで生きていない人を配役して見たい。

Hey!Say!JUMP→森田くん

理由…森田くんに「風を切れ」ってあのキャラメルボイスで言って欲しい。声の音域的には行けるのではないだろうか。森田くんがアップになって照れてくれたらより嬉しい。見たい。

SMAP→井ノ原くん

理由…スマイルといえば井ノ原くんである。SMAPの大体のメンバーと関わりがあるしぜひ見たい。

 

 

 

ハロー自担のお仕事!

森田くんがドラマに出ることになった。思えば2015年も夏クールのドラマだった。その前が2007年春に放送された喰いタン2だったことや、間に主演映画があったことを考えればスパンが短くて嬉しくなる。

もっと彼の演技を見て欲しい。岡田くんや井ノ原くんの影に隠れてしまっているかもしれないが森田くんの舞台は素晴らしい。それなのにDVDにならない作品が多く口惜しい。森田剛主演舞台DVDBOXを出して欲しい、なんて妄言がすぎるだろうか。

昨年のリスクの神様は原作がなかったが今回は原作を改変し当て書きにしてあるそうだ。当て書きというのは脚本家さんや世間のイメージが現れることになるのだろう。不安がないでもないが楽しみである。

共演する方も主演の瑛太さんをはじめ個人的に大好きな深田恭子さんや、安定のムロツヨシさんなどすきな方がたくさんで楽しみだ。またムロツヨシさんに絡まれていることだろう。ゴルフなら森田くんも来てくれるかもしれない!頑張れムロさん!!

 

それにしたって今年の森田くんは忙しい。MVを撮り、ドラマも撮り…そしてV6の夏祭り2017もある。体調を崩さないかが勝手に心配だ。

そして森田くんを担当とする私も忙しい。心の準備がだ。なにせ森田くんはレギュラー番組がない。ジャニーズWebの連載もない。

TBS系列ということは、でどの番組に来るだろうかと心配になってしまう。

 

ビビットは確実だろうか。国分くんとの絡みはうまくできるかな。まあ毎回やってくれているし大丈夫だろう。TOKIOカケルに出た時に「太一くんに見て欲しかった」と言い出すくらいには森田くんは太一くんを信頼しているし。なんなら長瀬くんと一緒に出るのはどうだろう。絶対にかわいい。

 

もし、サタデープラスに出たらどうしよう。丸山くんと森田くんは絡むところというものが想像できない。丸山くんが舞台をちょくちょく見に行っているらしいことや、森田くんが丸山くんを何かしらの打ち上げで見かけた話をしていた話も聞いている。だがまだ後輩に絡んでいるだろう岡田くんですら緊張していた丸山くんがうまく絡める気がしない。でも見たい。

 

まさかまさかのペコジャニにきたらさらにどうしよう。いい店知ってんダーとやらに長野くんが起用されたら一気に安心できるのに。食べれないとしても長野くんを指名するだろうことが予想できて困る。

 

ピッタンコカンカンもありうるところだろうか。初耳学もなくはなさそうかな。あれもこれまた考え出すときりがない。

とりあえず決まっていないあれこれより決まっている東京フレンドパークから楽しみにしようと思う。その昔V6で出た時の回の映像がちらっとでも流れることを祈って…!

 

追記

舞台も決まってしまった。嬉しいのはもちろんだが、本当に体調が心配になってしかたない。支えてくれる方が噂されているしその方と結婚するために条件でも出されているのかと勘ぐってしまうレベルである。

だがまあお仕事が無いよりかはあるほうがいいに決まっている。彼が無理せずに、怪我なくこの一年が過ごせることを願う。

2017年、MUSICDAYで私の夏は始まれない

なぜなら私はV6推しだから!!!!

 

私は以前書いたがMUSICDAYでV6に転がり落ちた人間である。あの日の日付すら覚えているくらいだ。

その時は7月12日だった。去年は7月2日と1週間早くなってはいたものの、ずれてくれるんじゃないかと淡い期待を抱いてしまった。

 

出られない理由はわかっている、坂本くんが舞台だからだ。若者を演じるアラフィフ、ぜひ頑張って欲しいと心から思っている。

他にもそれぞれ忙しいのかもしれない。森田くんはドラマもあるのだ。アルバムは全曲のMVが付いてきたりなどしているし、コンサートも近いし。

 

この夏はまだまだ長い。他の歌番組もある。V6は何やらGINZA Sixで撮影されているのが目撃されていた。Mステで目抜き通りを聞いた時からそわそわしていた一人としては嬉しい限りだ。

それ以外でもきっと、どこかの音楽番組には出演してくれるのだろう。アルバム曲が歌われるかもしれないし、この夏が楽しみなことに違いはない。

 

わかっているんだ。でもだからと言って 

f:id:secondcentury:20170617215847p:image

さみしくないわけが、無い。

 

常夏サマーバケーション、プールサイドマーメイドにDIVEとV6の夏曲もいい曲がたくさんあるのだ。というわけで私の夏はV6のVIBESを聞いた時からということにします。

ところでジャニーズシャッフルメドレーが、今までの24時間テレビのメインパーソナリティを務めたグループの曲になるということだろうか?

 

一応以下にまとめてみた。

1995年 SMAP

1997年 KinKi Kids

1998年 TOKIO (ランナー 森田くん)

2000年 V6

2003年 TOKIO

2004年 嵐

2005年 草なぎくん、香取くん

2006年 KAT-TUN

2007年 タッキー&翼

2008年 嵐

2009年 NEWS

2010年 TOKIO

2011年 関ジャニ∞

2012年 嵐

2013年 嵐

2014年 関ジャニ∞ (ランナー 城島くん)

2015年 V6、Hey!Say!JUMP

2016年 NEWS

2017年 櫻井くん、小山くん、亀梨くん

 

つまり、SMAPTOKIO、V6、KinKi Kids、嵐、タッキー&翼、NEWS、関ジャニ∞KAT-TUN、Hey!Say!JUMPという10グループの歌の中から、ということになる。楽しみだ。それぞれ5名ずつもしくは6人ずつで一曲はみんなで歌うパターンとみた。

月と太陽の子どもたちのPVが性癖すぎた話

お久しぶりです。色々としている間に発売から一週間以上経ってしまった。

 

今回わたしは初回AをHMVさん、初回Bを以前の名前入りアルバム以来のmu-moさん、そして通常盤を地元のツタヤで購入した。車にすぐに入れられるようにとそうしてみているのだが「顔を覚えられている店員さん」にまた話しかけていただいた。V6ってすごい。

それにしても前回のシングルからこんなに間がないなんておじさんたちどうしたというのか…と思っていたらスタメモでネタバレを踏んだ。特典映像があるよ!だけでええやん…!

ともあれ、おめでとうございます!大好きな人たちに使えるお金は嬉しいものだ。続報を待ち望む次第である。

 

以下ネタバレご留意ください。

 

 

 

 

 

関係ないけれど。

  • アルバムが三形態(初回A、初回B、通常盤)出たとしよう。初回盤はAB共に4500円程度として、AB両方購入したとしたら9000円
  • ツアーに行けたとしたら8000円+グッズはパンフレット+うちわ+ペンライトで概算5000円、合わせて13000円。(※それに加えて交通費)
  • ツアーがDVDになり三形態(初回A、初回B、通常盤)で発売されてそれが一昨年の値段と同程度とすると、初回盤は共に9000円、通常盤は5000円となる。初回盤のみを購入した場合18000円

合計 4万円 となる。

しかしV6が与えてくれる多幸感はおおよそ10万円以上の価値があると感じているので、実質無料である。素晴らしい。

 

 

 

待ちに待った今年の9係のタイアップソングCOLORSはもちろん最高だった。代々木体育館でPVを撮ると考えた人そしてPV撮影に携わった人全てにありがとうを伝えたい。

しかしタイトルの通りである。なにが良かったかといえばBeatiful worldで味をしめたのかというような「手書きの歌詞」だ。演出方法もおしゃれでまた素敵だ。

字にはその人が現れるとよく言われている。それが本当かはともかく、わたしはそれぞれの字を見るのが大好きだ。

坂本くんの美しい字は芸術的センスが感じられる気がするし、長野くんの実は大雑把なところな漂う字も可愛らしい。井ノ原くんの字は独特の世界観にも通じているように見えるし、森田くんの細くて少し斜めになりがちな字や、三宅くんのキレイに書こうとしているのにバランスが崩れてしまっている感じは微笑ましい。岡田くんの字は割と汚いのがまたギャップ萌えを呼ぶと思う。

 

通常盤のカップリング曲も素晴らしかったしアルバムが楽しみでならない。

個人的には「MANCAC」「GOLD」が歌われなかったら泣く。「eye to eyes」「明日は来るから」が歌われなかったのは地味にショックだった…仕方ないけど…!

仮想現実の恐怖を知りました

本日はV6のCan't  Get Enough/ハナヒラケの

フラゲ日ですね!!!!!ホワイトデーなんてロマンチストなおじさんたち!すき!!

 

初回盤Aを購入したところいつも買うTSUTAYAの店員さんに覚えられていることが判明した。ブログに書いたかは記憶にないがbeautifulworldのときにも「ポスター大きいですね」と話しかけられた店員さんである。

「僕が中学生の頃見てました」「昔よりかっこよくなってますね」とお褒めの言葉をいただいた。ありがとうございます…。極め付けに「またよろしくお願いします」と言われた。V6次第ですとしかいえない。

 

さてはて、帰宅して見るとセブンネット版が届いていた。早速みてみた。やばかった。ネタバレご留意ください。

 

 

 

 

 

 

Can't Get Enough

目の前で踊る六人がとてつもなく…艶かしかった。今回のダンスもあるかもしれない、以前のスポットライトとは別の気恥ずかしさがあった。こちらのそばで踊っているような感覚になるので後ずさりしてしまう。意味はないのだが。

慣れてくると立ち止まっているときの三宅くんの仕草や衣装など細かいところも見てしまう。たのしい!そして予期せぬ近さにまた後ずさる。

 

足跡

こちらはレコーディング風景を覗き見させていただいた。なんとしても声を大にして言いたい。

トニセンがずるい!!!

イントロに入ったこちらを見てくる坂本くん、水を飲むためかこちらに見せてくれる長野くん。そしてなにより最後の歌いながらこちらをガン見してくる井ノ原くん!へたり込んでしまった。誰だこんなバリバリゴリゴリのアイドルをドライフラワーとかいったの。

これは衣装なのだろうかと思いながらいろいろ見てしまった。森田くんの服がやっぱり大好きだ。

曲終わりには三宅くんの可愛さや森田くんのなんだかよくわからないけど愛おしさが溢れるピョンピョン、そして岡田くんと坂本くん。放心していたら自動的に二週目に入るところだった。

 

VRは、いいぞ。

本当に死ぬかと思った。というか死んだ。目がただでさえ足りないのにいつも以上に足りなくなった。

これだからV6が、大好きだ。