君が居なきゃ生きられない

新規ジャニオタの雑事

同居人が増えた話

年末なのでジャニーズ漬けになる前に軽く近況報告のような記事を書いてみる。…というか同居人がこの話を書けというので喜んで書き残しておこうと思う。

現在ルームシェアを謳歌している。数ヶ月経った今でも当初と変わらず楽しくて仕方がない。駅にそこそこ近く割と広い物件でも、二人で割れば一人暮らしでもお安いお値段になる。ありがたいことだ。その上、おそらく新婚夫婦が住まうことを想定されているのかペット可だったりする。

というわけで、癒しを求めてペットを購入することとなった。

 

私の実家では黒猫を飼っている。語ると長いので割愛するが子猫のときに裏口の前で行き倒れていたところを保護するように買い始めた。まだ生まれておそらく数年の凶暴、いや元気な猫だ。さらにその前は犬やらウサギやらハムスターやらと色々飼っていたが、私はあまりそれらに積極的に関わろうとしてしていなかった。

同居人の実家では白いチワワを飼っている。可愛らしいそのわんこはもうおばあちゃんの年齢らしく、見せてもらう動画はまったりしていて可愛い。

 

偶然にも全く違う生き物を飼っている私たちだが、猫は部屋が荒れる危険性があるし、犬には散歩が必要になる。

というわけで消去法からうさぎになった。中でも同居人はネザーランドドワーフという種類を希望していたのでそのままそれを採用した。

 

そこで調べてみたところ、ネザーランドドワーフの専門のブリーダーさんが三駅隣ほどの近さで住んでいらっしゃったのでそちらで購入することはすぐに決まったのだが、欲しい色合いのメスのうさぎが良かったので生まれて譲りに出されるまで二ヶ月程待った。

 

そしてついに売りに出されたのがこのうさぎだ。

f:id:secondcentury:20171231094042j:image

ネザーランドドワーフの、フロスティという色合いだ。白いだけではなく耳の先と鼻の先、そして尻尾がほのかに灰色がかっている。かわいい。かわいいのだが足が少しかえるに似ていて困惑した。

f:id:secondcentury:20171231094216j:image

 比較画像をご用意した。ご覧の通りほぼ同じである。

その後購入申し込みをし、さらに二週間ほどでうさぎが我が家にやってくることとなった。

その間に二人で協議していたのが名前である。私たちがうさぎに初めて送ることになるのだからと計おおよそ1時間に及ぶ話し合いの末に、二人ともが好きなとある作品の劇場版オリジナルキャラクターから取ることになった。その名も「うさまろ」である。メスなのに麻呂、などと突っ込んではいけない。

 

うさぎがやってきたその日は可愛すぎて写真を撮りまくってしまった。

f:id:secondcentury:20171231094454j:image

かわいい。美少女。ぬいぐるみのようだ。私はその日不運にも風邪を引いて体調は最悪だったが気分は最高だった。だからか翌日には風邪が治った。うさぎの可愛さが私を救ったのだ(?)

f:id:secondcentury:20171231094513j:image

我が家にやってきた日はこんなに小さかったうさぎが、

f:id:secondcentury:20171231100319j:image

約一ヶ月経った昨日時点でこんなにも大きくなった。成長を感じる。

うさぎはかわいい。犬のように媚びたりしないが、猫のようにわがまま気ままでもない。ひたすらに無表情。跳ねまわってはもりもり餌を食べてもりもり排泄している。近頃少し甘えてくるようになった。ケージをかじる音がうるさかったりドタバタと跳ね回っていることもあるが何だかんだかわいいやつだ。明日から始まる2018年も、うさまろを含めた同居生活がより楽しくなるといいな。

 

「シンメ」の教科書…という本が欲しい。

序文

シンメとはアシンメトリーこと左右対称のこと。転じてアイドルグループで左右対称の振り付けを任される二人組を指す。

シンメはジャニーズが生んだ文化であり、シンメとされた二人は10代の頃に始まり、グループを組めば末永く共に歩んでいくこととなる。本書ではシンメの魅力やシンメの歴史、現存するシンメについて述べる。

 

 

…みたいなやつ、作りたくない?

というか私が見たい。

 

各グループごとのシンメや、シンメ結成年表はもちろん、それぞれのシンメの魅力を教えてほしい。そしてシンメにまつわる他メンの話もまとめて欲しい。ジャニヲタブログを書いている方のお題箱に投下して回りたいくらい見たい。あわよくば本にして売ってほしい。TOKIOさんどころか平家派、あわよくば少年隊からジュニアの次世代のシンメまで網羅したい。

SMAPさんの上二人やしんつよも気になるし、TOKIOさんや嵐さん、ABC_Zあたりには疎いのでそもそもシンメがいるのかも知りたい。V6からは剛健と坂長を出すぜ!

NEWSはテゴマス、コヤシゲだろうか?関ジャニはヨコヒナはもちろん山田も入ってくる気がする。

KAT-TUNはロバ丸かな。Hey!Say!JUMPは薮光しかわからないしsexy zoneはふまけんでいいのだろうか…ジャニーズWESTも年齢差があるがシンメはどうなっているのか知りたい!

 

各グループの担当様でぜひ書きたい、という方がもしいらっしゃったらぜひ書いて欲しい。教科書風の文体にしてくれればありがたい、というくらいでそれ以外は全て書いてくださる方の思うままにシンメへの、グループへの愛を綴って欲しい。

オバドラに学べ!つっこめギャップ萌え!

タイトルのテンションがおかしいがそれはそれとして。

オバドラとはV6の7thアルバム「seVen」に収録されている「OverDrive」という森田くん・長野くんのデュエット曲の略称だ。また、転じて2人の組み合わせのことを表す。断じておばさんとドラ息子の略では無い。

この2人、ギャップの塊だと個人的に思う。他のV6のギャップも凄まじいがこの2人は別格だと感じたので知ってほしい。

 

長野くんのギャップとは?

声を荒げたところを一回しか見たことがないとデビュー前から、30年近く横で見て来た井ノ原くんが言うレベルの優しさの塊。それが長野くんだ。年下に接するとき彼は否定していない気がする。「こうなんだね?」とにこにこいいながら肯定してくれているように思う。

ビジュアルもふんわりとした、イケメンというよりまさにハンサムな王子様や貴族、貴公子のような印象を受ける。ジャスミンのPVでの彼はあまりにも優雅で素晴らしかった。それにしても彼も注目されていないがかなり不老の部類である。

おチビちゃんと呼んでいた井ノ原くんがジュニアのまとめ役になっていた頃にジュニアに戻ってきたので「俺が仕切っていいですか?」と聞いたところ「いいよ〜」と答えるいい人さ。

しかし、彼はそれだけの人ではない。

まず食へのこだわりは言うまでもないがもう1つの趣味がモータースポーツという男らしさであり、どんなに疲れていても弱音を吐かないという。

ジュニア時代に楽屋で花火をしたのも意外だし、トニセンのラジオにあった伝説のコーナー、「毒舌長野の俺に従え!」は今の長野くんからは想像もできない言葉の羅列が並ぶ。

近年では岡田くんの故郷である枚方市に行った感想が「寂れてた」だったりと、辛辣な一面もある。

柔らかく見えて実は男らしい。お肌真っ白お腹真っ黒、なんて井ノ原くんが言っていたこともある。

 

森田くんのギャップとは

見た目だけでいうならエグザイル系、愛なんだ2017や櫻井くんの夜会などではV6に対し冷たさや辛辣さを感じさせる。きわめつけはヒメアノ〜ルの時にしゃべくり7で「井ノ原くんが嫌いだった」と明言してしまったことだろうか。

だが、しかし。

後日のあさイチで彼は語った。「嫌いだったら一緒にやってませんよ」そう、彼は…素直じゃないだけなんだ…!!!

一人のお仕事だとお腹が空かない、と何かで言っていた。しかし他の五人に寝起きドッキリされた時には「みんないるの?」「おなかすいたね」と呟く彼がV6を嫌いなわけがないと思う。

お酒は飲めなくて、ふわふわした甘いものが好き。おばあちゃんっ子で、ちょっと人見知りをするところもある。ウサギとカエルと鳩が苦手、でもゾウには乗れる。趣味は観葉植物を育てること。

美少女のプロフィールかな?と思わせるがまぎれもない森田くんのことである。恐ろしいことに全て事実。

 何よりも記述しておきたいのは、20周年の時に皆で歌詞を考え、井ノ原くんがそれらをまとめて作詞し作曲した「此処から」という歌のエピソードだ。

基本的にその人の言葉で作詞された場所はその人が歌っているあたり井ノ原くんも罪深い。

「此処から」という単語で、20周年の記念。普通続くとすれば「此処からも頑張ろう」「此処からもよろしくね」といった前向きな単語だろう。

けれど一番盛り上がるラスト手前で、森田くんは甘く、切なく、苦しげに歌い上げる。

「此処から、居なくならないで」

 

見た目で判断したら怪我をする、どころか一生レベルの沼に突き落とされるような魔力の塊。そんな二人が大好きだ。

自担グループの1人が結婚した話(まさかの1年ぶり2度目)

トニセンのTTT発売で発狂していた最中、前回とはまるで違う衝撃が襲った。心の置き場がない。今まで散々に週刊誌に言われてきたもののどうしてこんな感情になっているのか整理させてほしい。

 

なぜ私は動揺しているのか

まず、「予想も予感もしていたが目に見える確証らしい確証がないまま確定して言っている」ことが大きいと思う。会報の誤配から始まっているからだ。前回もモヤモヤしたのだ。本人の口から聞きたい事柄を別の人に面白おかしく聞かされるのは快くない。会費の4000円分には情報入手のためでもあるのにその権利を踏みにじられているような感覚である。

 

次に、「結婚までの経緯が受け止め難い噂がある」ことだろう。これもある。人として義理堅い印象だった彼に似つかわしくないというのもある。たとえお相手さんがキチンとしていたとして、きっかけがそうだったとしたらと思わずにいられない。

 

そして最後に、「彼の知名度がファンにとって裏目にでる事案」なのだ。長野くんの時は知っている人だけが穏やかに祝ってくれるような感じがあって快かった。それが何も知らない人も騒ぎ立てているように見える。まだ私は確証を得ていないのに勝手に触れないで欲しい。

 

どういう精神状態にあるのか

これは簡単。とにかく、「衝撃」なのだ。嬉しくないわけではない。喜ばないわけでもない。まだ感情が追いつかない。自分で会報を受け取り、本人の言葉を聞いてやっと、周りを見る余裕が出てくる…と思う。確証はないが前回はそんな感じだった。それが受け取れないのでどうしようもない。

 

私は彼にどうしてほしいのか

彼からの言葉が欲しい。あと、できればなぜクリスマスにしたのかという理由も教えてほしい。一昨年の24時間チャリティラジオの楽しい思い出を結婚という衝撃塗りつぶすのだからそれくらいはしてほしいというわがままがある。まあ叶わないだろうが。

 

結論

私は、「とりあえず会報が届くまではアワアワします。受け止められる精神状態になってからお祝いできたらします。」ということである。

動揺の中ヒトカラに来て歌い散らかし此処からを流しながら泣いている。「僕を変えてくれた人、優しさを教えてくれた人」で涙が止まらない。私は彼のいつか言ってくれた言葉が大好きなのだ。「みんな、いい人たちを好きになりましたね」って。

 

ねえ坂本くん。貴方のことも心配です。エゴサで心臓痛くなってないですか。Mギャラリーで無理して触れなくていいからね。WOWOWお疲れ様でした。

ねえ長野くん。貴方の優しさをください。クルグルいつも通りで笑っちゃいました。お取り寄せ美味しそうだけど工場閉鎖はつらいね。

ねえ井ノ原くん。あさイチで笑ってください。私に25日の心穏やかな朝をください。カウコンの司会楽しみです。たいのっち大好きだよ。

ねえ森田くん。次は多分きっと貴方でしょうか。わからないけれど、そのときは貴方が自慢に思ってくれているファンとして心構えを頑張ります。舞台無理しないでね。

ねえ三宅くん。クリスマスを楽しみにしている貴方なら、アイドルを岡田くんに求めた貴方なら、一昨年のことをきっと大切に思ってくれている貴方なら、少しは止めてくれたんだと信じています。あまりに考えすぎて貴方の夢を見ました。夢の中で慰めてくれるなんて悲しいほどにアイドルですね大好きです。トットちゃん可愛かったです。

ねえ岡田くん。とんだクリスマスプレゼントだよ!!!!!

 

12/25 追記

やっと、届いていたソレを開封し彼の言葉を見た。彼らしい気遣いが節々に感じられるものだったし、これからもファンでいてくれたら嬉しいという一文にそれを強要しないでいてくれるところも優しいなあとしみじみした。けれど二度繰り返して読むことはどうしても、できなかった。

まだまだ完全に本心とは言い切れないけど、彼の幸せを願うことにこれまでもこれからも、変わりはない。どうか末永く幸せに、もっと上へ彼が行くことを1ファンとして願う。

 

今更、「ON 異常犯罪捜査官藤堂比奈子」をちゃんとみたというはなし。

「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」は昨年夏クールの、火曜夜に放映されていたドラマだった。

放映当時も見ようとはした。しかしその頃の私は扱われる「異常犯罪」があまりにグロテスクで見ていられなかったのだ。結果横山くんが放送日初日から短期的に連載してくれた「OFF 異常現場撮影班 横山裕」だけを流し見ていた。申し訳ない。夜食食べながら見ようとしていたあの頃の私がアホすぎる。

しかして一年と数ヶ月。同居人が横山くんに興味を持ったのと刑事ドラマなどが好きということでレンタルしてみた。

最寄りのTSUTAYAさんには置いていなかったので、宅配レンタルサービスであるTSUTAYA discusを試して見た。しかし設定を間違えてDVD3巻から宅配されて少し凹んだが、偶然にも私が見なくなったあたりの話であり、同居人は「何話からでも平気で見れる」人だった。有難い。

「横山くん顔面がいい!」「要潤かっこいいのにねえ…」「ヒロインの子かわいい」

などなどと同居人はONを気に入り順調にハマってくれた…のだが。

かっこいい東海林先輩。演技があまり、という話もあったがそれは気にならなかった。グロテスクな内容もだいぶ平気にはなっていた。

しかし。どうしても、前述したOFFの内容が頭をよぎるのだ。トラちゃん。初期のブログことエイトレンジャーのようなじゃんけん。(あいこの方が嬉しいもんやで、同じこと考えてるってことやからな。みたいなこと言った気がする)ヒルナンデスでつくったぬいぐるみが置いてある枕元。この手は誰でしょうクイズ。トラちゃん。

OFFだけ読んでいたのが完全に裏目に出た。いかに東海林先輩がかっこよくて真っ当なことを言っていてもあの文書を思い出して横山くん…という気持ちになってしまった。完全に私が悪い。ごめんなさい。

改めて見ると、異常犯罪者達が突発的に犯行に及ぶのではなく積み重ねてきたそれぞれの理由が結果に至っているストーリーの深みが良かったと思う。老人達の回が一番のトラウマです。

 

個人的には同僚の要潤が一番キャラクターとしては好きだった。しかし白衣の林遣都くんもかっこよくて、「保先生かっこよくない?」と同居人に言ったところすぐさまに否定された。ドラマなどの趣味は合うのに男の趣味だけが合わない。不思議だ。

その後「正気を保てない保つせんせい…」とツボっていた。謎だ。

検証 同居人に大倉くんを認識させることができるのか

前回の記事で紹介した通り、同居人はなぜか大倉くんの名前だけ覚えられない。身長が高めだったりよく笑ったりと特徴はあると思うのだが。本人に覚える気がないというのもあるかもしれないけれど、それはまあ仕方ない。

というわけで試しに大倉くんの出演した映画をそれとなく流しておく作戦をとることにした。

実験開始前

試しにJUKEBOXを見せてみた。

「これだれ?」

「大倉ね」

「えードラムなんだー!?」

やっぱりわからないらしい。なぜだ。丸山くんの好感度が上がった。「笑ったりとかせず演奏してたらマシ」とのこと。ふんどしとヨシャオ族で困惑していた。それはわたしにもわかりません。

次に偶然音楽番組で演奏している関ジャニ∞を見せれた。世代的に某軽音楽部アニメで考えてしまうと言われた。たしかにキーボードがお金持ちだなあと思ったのは秘密だ。

 

一本目 大奥

同居人は文系で、百人一首源氏物語などが好きである。もしかしたら時代ものなら覚えてもらえるかもしれない。

そう思って見せて見た結果、大倉くんよりも他のキャラクターに目がいったようだった。「吉宗がかっこいい!二宮くんいいじゃん!!」「大倉くんは小物感が逆に…いいね!」とのこと。いいんだろうか…。

 

二本目 疾風ロンド

阿部寛がすきなのでどうかなと思った。根津さんはかなりかっこいいのでいけると思ったのだが…

阿部寛が好きなキャラ見たいでかっこいい〜」「大倉さん老けてた(※彼女的には褒め言葉の意味)」

とのことである。

 

一応認識した!と本人は言い張っている。ここまでにしておこうか、クローバーを見るべきか迷い中だ。何かオススメあったら教えてください。

 

同居人とジャニーズの話。

同居人は芸能人に疎い。どれくらい疎いかというとGReeeeNの読み方をグリィインだと思っていたくらいには疎い。

そんな彼女が私というジャニオタと暮らすようになって変化したものを述べたいと思う。

①V6

まずは私が昔から好きで彼女にも説明してきたV6。ごり押ししてきたかいあって岡田くんと坂本くんが好き、らしい。先日the ONEsの特典を見ていたところ

「坂本くんかわいそう…」

「岡田www」

「剛くん変…」

と言われた。否定できない。他にも愛なんだ2017も一緒に見たりなどした。三宅くんが番宣で出ていたキスブサも見せたところ三宅くんに対する印象も変わっていたが、webから来た彼からのメールで爆笑されてそれが初めての喧嘩になった。三宅くんは魔性の存在である。

 

関ジャニ∞

もともと錦戸くんの顔が好きだったらしいのだが他のメンバーは基本名前も分からなかった。

「大谷くん?もまあいいじゃん!」

「それ大倉」

というくらい。しかし昔やっていた仕分けでの高卒認定試験のくだりを見せたところ、横山くんが可愛くて仕方なくなったらしい。クロニクルのカメラ目線陸上を見せたところ、「横山くんかわいい!錦戸くんかっこいい!」と笑いながらほぼほぼのメンバーを認識した。

丸山くんは変な動きをする人で、安田くんは不思議。村上くんはツッコミで渋谷くんは初老!という感じらしい。そして今だに、

「大西くんもウケる」

「大倉ね」

なぜだか今だに大倉くんの名前だけがあやふやである。何か映画かドラマを見せるべきか。

ちなみにそんな同居人が今一番気になっているのはこの間まで放送されていた「ON」なのだが、レンタルなどを探しても見つからなくて困っている。

 

③その他の私が教えたジャニーズ

私が教え込んだところでいうとまずジャニーズWESTとNEWSあたりだろうか。NEWSは加藤くんが割と好感触だった。ハロウィン音楽祭での機械仕掛けのオレンジの仮装が気に入ったのかもしれない。

元々嵐は流石にわかっていたようなのだが先日VS嵐を見ていたところ第一声が「櫻井くん太ったねえ!?!?」だった。 …同居人は人の変化にとても疎いのに気づかれる櫻井くん。心配です。

それと生田くんはイケメンパラダイスで気に入っていたらしい。土竜の唄も見ていた。

 

番外 彼女が好きなジャニーズ

好き、というか面白がっているのがSexyZoneだ。なかでもふまけんがお気に入りらしい。「面白いよね、男子高校生って感じ」とのこと。やっぱり五人は覚えやすいのかな、と思わないでもない。

そしてキスマイも宮田くんは分かっている。彼女の好きなゲームを宮田くんも大好きだからだ。キスマイ自体には全く興味がないようだが。

 

私と彼女とジャニーズ

やはりガチガチのジャニオタである私と、芸能界そのものに疎い彼女では認識の差が激しい。

「よく上っ面かもしれないのに信じられるね、純粋だよね」と言われたこともある。

けれど私からしたら「上っ面だけだとしてもアイドルしてくれる彼らに、彼らに関わる全ての人にお金を払いたい」と思うのだ。

 

そして、そんな感じの感覚のズレもまた楽しいと思えるのでルームシェアは本当にいいものだ。

 

おまけ

本人に嫌ではないかと読ませたら「え?全然いいよ!満足!(?)」と言われた。よかった。ついでに本人から何かないかと聞いたところ「思ったよりジャニーズをわかるようになってるなあと思いました。」だそうだ。そしてSexyZoneの動画を身始めている。喉痛めているはずなのだが。このまま地味に布教していくつもりである。次は大倉の大奥を見せます。