君が居なきゃ生きられない

新規ジャニオタの雑事

『ぼくのうた』を聞けなかった

https://youtu.be/WOt4H-Jdu-M


ジャニーズブログだけれど、ジャニーズではない話題になってしまった。


久々の更新だ。以前書いた内容も正直覚えていないけれど私は元気です。一応、という注釈をつけざるを得ない程度に満身創痍ではあるが。

先日の『愛なんだ』さえ、結局は見なかった。トレンドに入っていたし放送日もわかっていたけれど。

以前ほどの熱はやっぱりさっぱりなかった。


さて、渋谷すばるというアーティストのアルバム発売が近い。あるいはそろそろ発売なのか。私はもうそれさえ存じ上げない。調べていないのだ。買うかどうかという選択肢ももう浮かばない。


ただYouTubeでそれを押してしまった。せっかくだからと思って視聴して、…聞けなかった。


彼の履歴書がわりみたいな歌だと思って聴き始めて、語りかけるような歌詞に捕まえられる気がして逃げ帰った。

『自分を見たことがある人がいたら、頭の片隅にいさせて欲しい』

というような歌詞があった、気がする。詳細は調べていないから間違っていたら申し訳ない。けれど、どうにも。

私の知っている彼ではないと、どこかで思ってしまった。


関ジャニ∞』の中心であり核だった彼。あの場所にいる限り身内に向けた顔をそのままこちらにも見せてくれていた。

『ジャニーズ』ではどちらかといえば異端児だった彼。その場所にいたから掴めたものも諦めたものもきっとたくさんあったのだろう。

『アイドル』だった、彼。

アイドルでいる限りバラエティで彼の笑顔を、曲以外の側面をたくさん見つけられた。ダンスだって苦手だと言っていたけれど見せてくれた。なにより表現の1つとしての、彼の演技が好きだった。

その全てを彼は、見せたくなかったのかなあと今更思った。


私は多分彼の求める濃い奴らになんてなれない。だって、彼を見るとやっぱりまだ苦しくて悔しくてたまらないのだ。

関ジャニ∞っていうジャニーズのアイドルをやっていた思い出の中の彼さえ塗り替えられる気がしてしまうから。


好きでいることができなかったけど、

好きになれなかったけれど、

今後の活躍を心よりお祈りしています。

春と私と推したち

桜がいつの間にか葉桜になっていた。満開の綺麗な桜に気づかなかった自分が憎い。

皆さまいかがお過ごしだろうか。私は職場に行くと嘔吐するようになり偏頭痛がするようになったがまだ悲しいかな退職できていない。

昨年は結局森田くんや渋谷くんを含めて11人の推したちが死んだり死なせたりいなくなったりした。なお今井くんを含む。とんだ厄年だったのかもしれない。8時だJは流石に見て泣いていたのが懐かしい。

しかし悪いことばかりでもなかった。

 

恋人ができた。幸せである。

無能な上司がバレンタインに飛んで行った。

 

これくらいしかない。どうしよう。ついでに春だからと新しいものに手を出したらそこでもまた推しがしんだ。何度死なせるんだと自己嫌悪したレベルである。

自覚的に春が嫌いになった。別れは嫌だが出会いもまた億劫なのだ。しかし恋人とこれから添い遂げるとなると転勤族なので覚悟が必要になる。頑張らねばなるまい。

 

偶然今日特捜9を目にした。井ノ原くんはかつこよかったが、歌を聴く前にテレビを消した。ツイッター関ジャニが流れていった。一応見たけれどリツイートまではしなかった。

しかし好きな歌詞を聞かれるとジャニーズしか書けない自分がいるので困ってしまう。やはり安田章大は天才だ。

まだまだ抜け切らないジャニオタ崩れ、といったところだろうか。

来年の春は引っ越しが待っている。それまでに退職できるのか。わたしのたたかいは、つづく。

やっぱり愛なんだ。

特番を見た。結論から言おう。

私はやっぱりV6という人たちが好きだ。

森田くんが、岡田くんが、三宅くんが、坂本くんが、井ノ原くんが、長野くんが、大好きだった。

そもそも特番があることも忘れていたし、時間も調べていなかった。仕事だったら見れない時間帯なのもある。興味はなくなっていた。

けれど、途中から見たのにも関わらずV6は最高に面白くてカッコよくて素敵で。つまりは、何一つすきだった時と変わらなかった。変わってしまったのは私だけだと痛感させられたくらいに。

坂本くんの相変わらずの虫嫌いに笑って、

長野くんが『超見てくるんですけど〜』と言われて笑って、

井ノ原くんが盛り上がる姿はやっぱり自慢で、

森田くんの言動全てが彼らしくて、

三宅くんは悲しいほどにアイドルで、

岡田くんはずーっと末っ子だった。

そんな彼らが大好きでたまらなかった自分は今も自分の何処かにあるらしい。

もうCDは買わないし、音楽番組に出ていてもテレビはつけないけれど、また「愛なんだ」だけはまた見たいなと思った。私のすきだった、周りの共演者だけでなくスタッフさんにも愛されるV6がそこにいたから。

MUSICDAYとジャニオタではなくなった私

大学時代の友人から連絡がきた。彼女と出会ったのが4年前の4月で、V6を好きになったのが同じ年のMUSICDAYで。

疎遠になり始めていた彼女と最後に連絡を取ったのがいつぶりか思い出せないくらい、時は流れて居た。

 

『V6見てる?』そんなラインに少し申し訳なさを感じると共に、学生時代の感覚が蘇った。彼女は細かいことを覚えている方で、誰にでも優しくて。そしてとても友達が多かった。そんな彼女には今でも私、イコールV6なのだろう。ありがたいことに。

多分きっと大学時代に知り合った人たちのほとんどはまだそうなんだろうな、と思って彼らが好きだった事実は消えないんだなと改めて感じている次第である。

とはいえそれらを完全に捨てた訳では無い、つもりである。本当に仲の良かったゼミの友人たちとは未だに距離が遠くなっても年に一度は会う。…というかその片方には昨日長文メールを送りつけたばかりである。ちなみに返事はまだ無い。

 

気づけば元ジャニオタ、となってしまった状態で迎えたMUSICDAYの日。件の私をジャニオタにした先輩からはグループラインに実況が届いていたし、そのラインでV6が出る時間はわかっていた。けれど結局数時間に渡るMUSICDAYが放映されている間、一度もテレビさえつけなかった。

 

言い訳をするなら、仕事で残業せざるを得ない状態に陥ったせいで家に帰ったのが10時を過ぎており、なおかつその後家事に追われていたのだ。

私の仕事は今の時期地獄のように忙しい。正直忙しく無い時期の方がないのだが、それに加えて人手不足になってしまっている。

仕事にも慣れてはきたが任される仕事が増えており、あまりのストレスで近頃ろくに眠れず胃の痛みに苛まれている。ありもしない仕事のクレームや上手く対処できなかった案件に魘される。転職の二文字が頭にちらついて離れない。

 

弱音を書き連ねたが要は今現在、余裕もゆとりもまるで無いのだ。半ば鬱になりかけている気がする。

 

こんな時にジャニーズに癒されてきたのだが心が死んできたのかはちゃめちゃにテンションが上がることがあっても回復に至らない。

ジャニーズでいうならネクジェネでおたよりを読まれるようなことや、新曲のCDを買えたような。そんないいことばっかりだったのに。

 

どうすればいいのだろう。仕事を辞めることはできないしこの多忙はおそらくまだまだ続くとわかっている。

埋まらない虚無にこれをもしかすると大人になるというのかもな、と思った。こんな大人になりたくなかったけれど月日は残酷で。私はあと一週間もせずにまたひとつ歳を重ねる。

せめて少しでもいいことがあるように願う度に、遠くに夢を叶えに行こうとする彼がいつか漏らしていた言葉が、今でも思い出せてしまう。

「なんかえー感じにならへんかな、えー感じがいちばんええやん」

彼にも、私の好きだった彼らにも、こんな記事を見てくださった方にも、そしてついでに私にも。えー感じ、のことがありますよう心より願っている次第だ。

いつかまた好きと言える日までさようなら

ジャニーズを好きでい続けることができなくなった。彼らを見るだけで苦しい、さみしい、つらい気持ちになる。目をそらすしかないなら、もう見ない方が楽だから。

 

V6を大好きだ。

森田くんの結婚だけならきっと受け入れられた、まだ好きでいられたし喜べたと思う。

けれどあんまりに短い期間しか開けてもらえなかったので、どうしても整理が追いつかなかった。時間が解決してくれると思っていた、のだが。

 

関ジャニ∞は、嫌いではなかった。

少し前まで好きだった。2012年くらいから2014年までの彼らを好きになり追いかけたけれど、副担として応援していた村上くんは「アイドル」としてファンでいると受け入れられない言葉(キャバクラに行く発言やトニセンはドライフラワーなど)が多かったので好きでいられなくなっていた。

けれど、渋谷くんの歌声は大好きだった。

だから私は非難されるだろうが最初彼が報道通りに脱退すると知って、笑った。彼がやりたいことをやれるなら他の全てはどうでもいい、彼が幸せならそれでいい。今もそう、思っている節はある。

けれど記者会見を見て、じわじわと自覚して苦しくなった。

私が好きだった関ジャニ∞はいなくなったと思っていたけれど、本当に見られなくなるなんて考えもしなかった。

会見を見た感想は、きっと何百人、何千人、下手すれば何万人の方が綴っているだろうからどうでもいい。

他のメンバーたちがファンの聞きたいことやりたいことすべてをしてくれた後なのだから、私は口を出さない。

 

ジャニーズを見るとしんどいと思ってしまうのでもう見ないことにした。ふとした時に蘇る楽しかった思い出面白かった番組などの過去の記憶に、もう見ることはできないんだと思い知らさられるから。傷が癒えたらまた彼らを応援したいがその日が来るかはわからない。

 

それにしても一番好きだった森田くんは結婚したしその次に応援していた渋谷くんは夢のために脱退だ。間に1ヶ月もない。私の呪いか何かだろうか。

ついでに一番好きだった舞台俳優が夢を追って引退して丸2年になる。(とても余談だが昨年の春には職を失っていたので笑うしかない。そして私も夢を追って今に至っている)

 

「振り向くな 振り向くな 過去には夢がない」

寺山修司の一文がいろんな意味で刺さる春だった。

来年の春には、いいことがありますように。

ライビュで死に損ねた感がある話

先の記事の通り、へタライのライビュに行ってきた。そのことについて語らせてもらう。

会場は引っ越した地域の市内で一番大きいらしいショッピングモールだった。実は昨年に転居して半年が経とうとしており、なおかつそこのタワレコさんで三宅くんの衣装が展示されていたこともあったというのに予定が合わず始めて今日訪れた。

思った以上の大きさと祝日のため人が多く見るだけでも楽しかった。ライビュに向けて気もそぞろだったが次はちゃんと買い物をしにきたいと思う。

 

さて、ライビュの話だ。

まずライビュ会場でのグッズが行った時には何一つなかった。悲しみが深いが仕方ない。

席に関して言えばジャニオタ用語を使えば天井席である。最後列の一番端っこだった。笑うしかない。

しかしそれを吹き飛ばすような素晴らしいものを見ることができた。

ライビュはまず会場の様子が映し出されており、まるかいて地球がエンドレスで流れていた。

そこからライビュ限定の裏で円陣を組むキャストの皆さんを見せてもらえた。キャストさんがなぜか枢軸+にぃにとそれ以外の皆さんがそれぞれ固まっていてどうしてそうなったのか気になった。DVDが早く欲しい。

円陣では主演の彼が楽しもう!と言っていたのが印象に残った。そしてちゃんとライビュの我々にも語りかけることを忘れなかった彼は本当にすごいと思う。

ライブの内容は笑って泣いて泣いた。1の曲のたびに芸能界を去った彼のことを思って泣いてしまったし、やはり暴走するキャストさんには笑わせられるしでこんなに感情を吐露させられたものは久しぶりだった気がする。

特に一発ギャグのくだりや箸休めコーナーは笑いすぎて苦しかった。曲の煽りでかなり客席に振ってきたのでびっくりした。二曲に一回くらいの割合だった気がするが気のせいだろうか。ジャニーズとの文化に戸惑った。

他にも色々とあった。ミュージカルではカットされた歌をやったり新曲をやったり。笑って泣かされての繰り返しだった。涙ぐむキャストをみてもらい泣きしまくった。

そしてアンコールの後キャストさんの挨拶が始まった。

未熟者ながら他のキャストさんが支えてくれたからできたと言ってくれる人、

他のキャストの名前を言って行く中で自分と一番仲のいいキャストさんを忘れる人、

簡潔にされど言いたいことはしっかりと言い残して行く人、

キャラとして話そうとして徐々に混ざって行く人、

言いたいことが迷走してふわっとして行く人、

明るく挨拶したようで泣かせる人、

実は舞台は嫌いだったと言い切った人、

ふざけたような言葉の最後に「涙は戻ってきた時の嬉し涙にとっておけ!」と笑う人、

舞台が嫌いだと言い切った人を嫌いだったと吐露した人、

引退した彼の後釜があまりに重かったと言う人、

そして皆に感謝を伝える主演。

 

さあアンコールが始まろうとした瞬間!

 

ライビュは終わった。

 

配信時間を大幅にすぎてしまったとテロップが出ていたが正直納得はできないが映画館を出てみればそのショッピングモールが閉まる時間だったので仕方なかったのだろう。つらい。あの曲を生で聞きたかった曲が最後の最後だった私の気持ちである。

まあどうせDVDを買うからいいのだ。そう自分に言い聞かせることにした。

 

さて、初参加したライビュで気になった点は二つあった。

一つはこのライブ、チケットにペンライトが付いている。なので公式のペンライトが売られていないのでわたしは100均でサイリウムを買ったのだが、ライビュ会場にいた9割の人が公式のペンライトだった。リピーターの多さに三回参戦するので3本ペンライトを持っているMちゃんからペンライトを借りておくべきだったと後悔したほどだ。公式のパーカーの人もかなりいた。羨ましかった。

それと、他のお客さんが割と早い段階で座っていたことだろうか。たしかに向こう側からは見えないし立っている必要はないのだがライブは立って見るものという認識のジャニオタは驚いてしまった。

 

はじめてのライビュが少し残念な結果で終わってしまったので次のライビュがあれば今度こそ、満足ができるといいなと思う。そのためにも彼らには2ndライブをやってもらわなければ、また集まってもらわなければ。そのためにも大きな声を上げて言いたい。彼らは最高だったと。

 

追記

1日経って書きたいことが増えたので記しておく。

彼が歌っていた曲を、彼が歌われていた曲を2代目の人が歌っていた。それが正直、目をそらすくらい辛かった。彼はもういないのだと思い知らされたからだ。

けれど、そうではなかった。最後に2代目の人は教えてくれた。初代の彼とはとても仲が良かったこと、ご飯をこぼしながらいかにこの舞台の現場が良いか語っていたこと、そしてオーディションを受けて受かったものの重圧がものすごかったこと。苦しみながら演じ続けて最終日の今日、やっと二人で一つのドイツを演じることができたと。

それを聞いて泣いたし今も思い出しながら泣きそうだ。危うく改めて2と3を買うところだった。それくらい、嬉しかった。演じてくれてありがとう、と彼のファンとして言いたい。

衝動買いって怖い、という話。あるいはヘタミュの話。

皆さまいかがお過ごしだろうか。私は未だに嬉しい気持ちの中でどこか寂しくて仕方ない日々を送っている。

 

さて1ヶ月前に話は遡る。以前ブログに書いた好きだった若手俳優の最後の舞台になった作品をやっと見た。引っ越しが迫る友人が見せてくれたのだ。ありがとう大好きだよMちゃん。

結果、号泣した。素晴らしい舞台だった。どれくらい素晴らしかったかといえば見せてもらったのに購入したくらいだ。

彼、が最初の舞台で主演を務めた時のわたしが大好きなキャラクターの口癖は「勝負だ!」だった。好戦的な役柄だった。

そして最後の舞台での彼が演じたキャラクターは最後の最後に、「腹が減ったら戦は終わりだ」と頼りないもののそばにいてくれた仲間に伝える。

そして彼の舞台役者としての人生は幕を閉じた。

しかし運命とは数奇なものだ。そばにいてくれた仲間、がその舞台の主演であり演者さんはその舞台がはじめての出演だったという。それは、彼の辿った道と同じで。

世界は物語に満ちていると恩師が言っていた。こじつけだと言われて仕舞えばそれだけなのだが。この素晴らしい物語に心から感謝したい。

 

そしてその舞台は人気を博し第2弾、第3弾と続いた。彼以外は演者さんは変わらなかった。彼の演じていた役を務めることになった役者さんは、別の舞台で彼の尊敬する先輩役を演じていた。

そしてその人のツイッターを見ていたら彼が第2弾を見にきていたというではないか。顔をくしゃくしゃにして笑う彼は、やっぱりかっこよかった。

 

その第2弾第3弾も良かった。演者さんが素晴らしかった。少し思うところがないとは言えないがそれも含めて好きだと思える。そんな作品だった。

そしてその作品の終わり、としてラストライブがあるという。

ライブに参戦したかったのだが知るのが遅すぎた。休暇を取ったりお金を貯めたりという暇もなかったのだがなんと、ライブビューイングがあるというではないか。

 

気がついた時にはチケットを買っていた。しかし第1弾のDVDは彼のためにと気がついたら買っていたが第2弾と第3弾はどうしようかと悩んでいた。ライブを見てからにしようと思っていた…

時にあの、一報である。

落ち込んでいたところにライブの東京公演の話のネタバレにならない程度の感想が流れてきた。

「スケジュール的に出演できないから大阪公演に出るはずの役の人が距離ぶっ飛ばして来た」

「演者さんたちがこの舞台だけは特別だと思ってしまう、まだ終わりたくないと漏らしてて泣いた」

わたしにDVDを見せてくれた友人はいう。お前は死ぬ、と。

 

 

その結果だ。

f:id:secondcentury:20180319110736p:image

 

そんなことを聞いたら、耐えられるわけがない。

心の隙間を埋めるものが欲しかった…なんて大義名分のもと、手が滑った。明後日には着くかと思ったらなんと一週間待ちだ。それほど人気なのだろう。

わかりきっていることは一つだけだろう、わたしはきっと水曜日に死ぬ。そわそわワクワクしながら、残りの日数を過ごそうと思う。