君が居なきゃ生きられない

新規ジャニオタの雑事

今年も、だめだったよ(リサイタルジャニーズメドレーV曲歌われない問題)

関ジャニ∞が今年のリサイタルでV6の曲を歌うことを願う記事 - 君が居なきゃ生きられない

以前こんな記事を書いた。今年こそはと願った。

V6は夏コンをしていたし夏の歌が少なくないのだ。夏のかけら、常夏バケーションとか。

…結果が、以下である。

 

 関ジャニ∞リサイタル

真夏の俺らは罪なヤツ 

  1. BANG BANG バカンス
  2. SUMMER 
  3. HO!サマー (村上くん安田くん)
  4. ジェットコースターロマンス(横山くん・大倉くん)
  5. 湾岸スキーヤー(ここでコント的なものが入る)
  6. Dye D?(昨年のリサイタルのナポリタンみたいな感じらしい)
  7. 夜空ノムコウ(村上くん以外)
  8. 台風ジェネレーション

 

以前書いた表はこのようになった。

 

近藤真彦さん 2曲
シブがき隊 1曲
少年隊 3曲
忍者 1曲
SMAP 4曲
TOKIO 1曲
V6 0曲
KinKi Kids 2曲
嵐 3曲
タッキー&翼 2曲
滝沢くんソロ 1曲
NEWS 2曲
(関ジャニ∞ 2曲)
トラジ・ハイジ 1曲
修二と彰 1曲
KAT-TUN 1曲
トリオ・ザ・シャキーン 1曲
Hey!Say!JUMP 0曲
Kis-My-Ft2 3曲
Sexy Zone 0曲
A.B.C.-Z 0曲
ジャニーズWEST 1曲

 

関ジャニ∞はV6を嫌いなの!!??!!?

…失礼、取り乱しました。

でもね、トニセンは関ジャニ∞大好きなんだよ…。井ノ原くんのジャニーズWebでやってた連載書籍化したやつの2004年7月1日の日記には村上くんの名前出たりしてるんです。

今年の初めにミュージカルソロコンの宣伝で坂本くんがジャムに来たから期待しちゃったよ。まあ坂本くんの曲ならこの間やってくれたけど。

昨年のリサイタルでナポリタンやったけど。

違うのだ。わたしが求めるのはV6の誰かがやっていた曲をやる関ジャニ∞、ではない。V6の曲をやる関ジャニ∞なのだ。

Can do!Can go!とかジュニア時代にやってた曲でもいいから…なんならお手振り曲にして踊らなくていいから…アクロバティックやってなんてワガママも言わないからどうか、

地元に来るときくらいにはV6歌ってください…

ヒメアノール特装版の話

一気に寒くなりこたつ虫と化している。皆さんはお元気でしょうか、体調など崩していませんか。

V6のデビュー日の翌日についに自担の初単独主演映画ヒメアノ〜ルが発売となった。うれしい。

 

以下ざっくり特典感想など。ネタバレご留意ください。

f:id:secondcentury:20161102221359j:image

 

ポスター!大きい!トカゲ!かわいい!

f:id:secondcentury:20161102221648j:image

こういうのはしまい込むタイプなのだが飾ろうか迷ったくらいおしゃれだ。

 

Disk2の感想

自担が今日も今日とてかわいいやったー!!!!!!!!!

ムロさんの髪の毛を剃るところの森田くんかわいい。残酷なシーンの裏側にも撮影現場には笑顔があったらしくてびっくりする。最後のシーンのズタボロの足の特殊メイクのところをみて森田くんにすね毛があることになぜか感動した。ぷらぷら〜ってしてる森田くんかわいい。

舞台挨拶も人見知り感が溢れていてかわいい。かわいいしない自担。

 

Disk3の感想

やりたいバイトの話でガコイコ思い出したのはわたしだけじゃないと思うの。

ばしゃ馬さんで同じ居酒屋を使った話が出たが安田くんの話は出なかった。さみしい。

「原作見ずにこの映画見に来た森田くんファンはどう思ったのか」と監督に言われていたが多分あさイチなどでえぐいえぐい言われていたから大丈夫…だったのでは?私は原作を拝読し雑誌や番宣も出来る限り録画したので心構えはできていた。…まあ予想をはるかに超えて行ったけど。

森田くんはもんじゃを食べない(メモ)

 

とりあえず一旦この辺で。また見て感想書きたいもののあれを見るのはかなり期間を置きながらじゃないとちょっとつらい。

 

好きなアニメの二期が決まったしエイトにOPしてほしい話

京まふというアニメのイベントがあった。その中で大好きな作品の二期が決定したのが今日のお昼のことである。

ふとそのアニメのOPを関ジャニ∞がやってくれないかと思うだけの記事だ。

 

有頂天家族』というその作品は森見登美彦先生が原作の小説であり、もともと三部作の予定だ。その一部が2013年にアニメ化した。これは第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で優秀賞を受賞するほど美しい作品である。ぜひ機会があればご覧いただきたい。

ちなみに何故だか舞台化もしているし人形劇にもなっていた。すごい。

そして昨年二月にやっと第二部が刊行され、そのアニメ化が発表されたわけである。

 

ざっくりと作品のあらすじを述べさせていただくと、

京都には昔から人に化けた天狗とたぬきが人間に紛れて暮らしていた。狸界の頭領である下鴨総一郎はある年の瀬、『金曜倶楽部』という会合の忘年会で鍋にされてしまう。

その総一郎の四人の息子のうち、最も阿呆の血を受け継いだといわれる三男坊下鴨矢三郎を中心とした物語である。

 

さてはて。

関ジャニ∞には自称「京のアイドル」丸山くんがいる。一期のOPもノリが良くって元気が出る感じの、エイトに歌ってもらいたくなる曲だった(下記の通り!)

ここは、やってくれてもええじゃないか。

【歌詞付】有頂天家族OP「有頂天人生」 - YouTube

 

ジャケットもWESTさんが逆転裁判のアニメのOPをやっていた時みたいに描いてもらって、裏面に狸化した関ジャニ∞を描いてもらえればもう最高だ。絶対買う。

妄想は羽ばたいていくものの実際は厳しいかもしれない。とてもつらい。つらいついでに森見登美彦先生が早く三部を書き上げてくださることを切に願う。一部と二部の間が7年ほどあったのだ。二部は昨年に出たんだったか。あと六年待たねばならない私のためにも、早く続報をください。

 

7係の前に関ジャニ∞アルバム発売発表日を考える

そろそろじゃないかしら、とカレンダーを見て思った。三ヶ月前にツアーの発表がされるって関ジャムで言ってた気がする。

でも次のシングルとの兼ね合いもあるのかもしれない。うーん?そんなわけで気になり始めて眠れなくなった。

puzzleまでのアルバムの発表日と発売日とついでにアルバム名のついたツアー期間とコンサートDVD発売日や、直前のシングルの発売日をまとめてみた。言わずもがな自分用である。新しいものから順に掲載。

 

元気が出るCD!

2015年8月26日発表、11月11日発売。直前のシングルは「前向きスクリーム!」8月5日発売。

12月17日から1月17日まで「元気が出るLIVE!」開催。DVD発売は6月15日。

なお、

関ジャニ∞リサイタル お前のハートをつかんだる!の期間は7月18日から9月13日まで。DVD発売は1月27日。

 

関ジャニズム

2014年10月4日発表、11月5日発売。直前のシングルは「言ったじゃないか/clover」10月15日発売。

11月16日から翌年1月12日までツアー開催。DVD発売は4月29日。

 

JUKEBOX

2013年9月9日発表、10月16日発売。直前のシングルは「涙の答え」6月12日発売。

11月8日から翌年1月19日までツアー開催。DVD発売は4月30日。


8EST

2012年9月18日発表、10月17日発売。直前のシングルは「あおっぱな」9月5日発売。

9月15日から翌年1月1日までツアー開催。DVD発売は3月13日。


FIGHT

2011年10月17日発表、11月16日発売。直前のシングルは「ツブサニコイ」8月17日発売。

11月23日から12月31日までツアー開催、DVDは2012年3月21日発売。


8UPPERS

2010年9月13日発表、10月20日発売。直前のシングルは「LIFE〜目の前の向こうへ〜」8月25日発売。

10月30日から翌年1月1日までツアー開催、DVDは4月13日発売。


puzzle

正確な日付はわからなかったものの2009年3月4日以前に発表がなされたことは間違いない。4月15日発売。直前のシングルは「無責任ヒーロー」2008年10月29日発売。

5月10日から7月30日ツアー開催、DVDは同年9月23日発売。

 

9月発表が多いような気がしていたが10月発表も十分あり得るようなので安心した。パノラマは10月12日発売であるので発表はほど近いことだろう。

エイターさんのお財布も心配だが、今日は7係だし関ジャニ∞さんがご多忙すぎる。ご自愛ください。

 

追記。

今年まさかのツアー開催するものよアルバム発売がないことが発表された。そんなんありかよぉ!(シンゴジラネタ)

土竜の唄の続編の主題歌と、破門の主題歌がリリースされるそうで。二つともアッパーなチューンな感じが勝手にしてたので気になる。

皆様ご無理をなさらないように楽しみましょう。

シンゴジラ見ました

f:id:secondcentury:20160831233154j:image

とにかく、ひたすらに、すごい。そう思った映画だった。どこぞの漫画家さんがこの作品をどんぶりに盛られた白飯と評したそうだ。しかし私にとってはどんぶりどころか、かまどの前に連れて行かれて炊きたての御釜いっぱいの魚沼産こしひかりを差し出されたかのようなここちだった。お腹いっぱいどころではない充足感。

あまりのことにV6のコンサート後にも感じた倦怠感に近い症状に襲われたほどである。

 

以下ネタバレご留意ください。

f:id:secondcentury:20160831233554j:image思わずパンフレットを衝動買いした。

f:id:secondcentury:20160831233637j:image帯?の配慮がなんだか好き。

 

ドキュメンタリーさながらと聞いていたがあそこまでリアリティのある映画が未だかつてあっただろうか。昔から親しまれていたSFの一つであるゴジラというシリーズからそういった作品が生まれたことが喜ばしい。

個人的にはSFふんわりに全振りしたゴジラファイナルウォーズも好きだ。TOKIOの松岡くんが主役だよ!(精一杯のジャニオタブログ要素)

 

ミリオタ的な部分がある私は戦車での砲撃シーンだ が1番好きだ。九○式が好きなので確か劇中に出てきてテンションがうなぎのぼりだった。というか戦車が好きだ。次点で最初のヘリコプターでの砲撃のくだりも大好きだ。隊列が美しい。

(追記:普通に一○式だった。そりゃ最新の方使うわな。)

総理の「銃弾を国民に向けるわけにはいかない!」という言葉も重みがあって好きだ。少し息苦しいほどの緊迫感がたまらない!まあ言い訳にしか過ぎないのだけれど。

もちろん各作戦なども胸が熱くなるのだが、初見ではこんな感想だった。パンフレットを買いに売店に飛び込んだくらいに良かった。

二回目はいつにしようかと計画を練っている。はじめて同じ映画を何度も見にいくことになることに気がついた。

実はヒメアノールのときはDVDを買うからと言い訳してあれを二度見る勇気が出なかったことを告白してみる。あれはさすがに…許してください…。

 

追記:

実はこの記事、公開したつもりが出来ておらず先週書いたものだった。そして昨日やっと二回めの鑑賞をした。せっかくなので4DXにしてみたが最高だった。

注意事項の際に「車酔いする人はご遠慮ください」みたいなことが表示されたが既にチケット購入後である。それまで知らされてなかったよそれ!と思ったので皆様はご留意くださいませ。

水のかかる演出をわたしはOFFにしたが隣の席が空席でそちらをOFFに出来なかった場合普通に水がかかることを第一にお伝えしたい。

ツイッターで噂になっていたカヨコが出るといい香りがするのは本当だった。ふんわりといい香りだった。

あとつるつるした生地の服を着ていくと座席が斜めになるとき本当滑りおちかけるので注意したほうがいい。三回は落ちかけた。

会議シーンなどは動かないと思いきやカメラワークと一緒に微妙に動いていたりする。

兵器が飛んでく時耳ちょい上くらいのあたりから風が出る。割とビビる。

赤坂さんに肩を叩かれたい人は是非4DXにすべきだ。

 

二度めの方が本編を冷静に見れたと思う。初回は内閣総辞職ビーム(俗称)で呆然としたからではなかろうか…知らなかったんだもん…。

赤坂さんの結婚指輪を確認した。ゴジラの名前のシーンと「好きになさったらどうですか」のシーンで目視したが他のシーンもあるかもしれない。

登場人物だと安田さんがすきだ。でも志村くんもすきだ。総辞職ビームの後のシーンで救急箱持ってちょろちょろしてるのかわいい。割と大事なことに気づくきっかけ彼だった気がする。

三回目はさすがにWOWOWさんを待つことになるかと思う。でもDVDちょっと欲しい。

夏が来れば思い出す、ようになってしまった24時間テレビを振り返る

24時間テレビまで後少しですね!去年の今頃はV6も番宣でバンバンテレビに出ていた。このおじさんたちにあと2ヶ月と少しで会えてしまうことにそわそわしていた覚えがある。

今でも忘れられない各番組を少しばかり振り返ってみよう。時系列はバラバラだと思う。

森田剛が走る!かもしれない理由」

森田くんが幸せボンビーガールに出演した時、ちょうどランナー発表だった。というわけでかつての映像を交えながら繰り返されたナレーションがこちら。

この時はリアタイができなかったのでそわそわしていた。あの時はネタバレ避けたくて強い言い方をしてしまってごめんね…(私信)

「湿ってますね…」

森田くんが天才志村動物園でミニチュアホースのそらまめを触っての感想がこちら。その後ラブセンのイベントのシナリオ内でも登場し爆笑した。

「みんなー、農業に詳しい人が来てくれたよ〜」

坂本くんは盲学校の生徒さんとスイカを育てていた。そこに鉄腕ダッシュで城島くんが来た時に発した一言。ほぼほぼ同期の仲間を農家に詳しい人って。そして実際、詳しすぎた。

いま思えば料理の手つきを言われたのはTOKIO側からの仕返しだったのかしら。かわいい。

「恐ろしいMCだって聞いてんだから!」

三宅くんが月曜から夜ふかしに出演した時に村上くんに放った一言。ネバーランド組の共演でありアウトデラックスからの絡みがあるマツコさんとの共演だったのでかなり楽しみだった。

終わったあと村上くんとエイターさんに謝りたくなったのをよく覚えている。三宅くんそういう子なんです…!(?)

「こだわリーダー」

坂本くんが深イイ話に出演した時にナレーションで何度も言われた言葉。知ってたけどそんなになの坂本くん…と思った。筋肉の撮り方はさすがに笑うしかない。過去映像えぐいの持ってこられてびびった。

寝起きが悪いのを直してください、人の話を聞いてください、自分で言ったことを忘れるのをやめてください、いい加減にしてください!

三宅くんが波瀾爆笑に出演した時に三宅くんの直して欲しいところは?と聞かれた井ノ原くんの回答。強い言葉に思えるが愛情からなるものなのだと言っておきたい。自分で言ったことを忘れるというより井ノ原くんが覚えていすぎなのではという説もなく無い気がする。

個人的に好きだった幾つかを取り上げてみた。24時間テレビ自体もよかった気がする。不満点としては三世代の時に長野くんが居なかった事件こと烏骨鶏事件くらいだろうか。あれは許されない。他のグループさんの時には繰り返されないことを祈るばかりだ。

 

ドラマの出演者さんにいろいろあって少しゴタゴタしているようだが、撮り直されるらしいのでそれが間に合うことを祈ってやまない。NEWSのファンの皆様の今夏が、美しい思い出になりますように。

近況雑記、もしくは私の原動力の話

残暑お見舞い申し上げます。皆様いかがおすごしでしょうか、夏バテなどなっていませんか。

私はといえばなんやかんやと話が転がって忙しい日々を過ごしている。

そこで、ふと思った。

ジャニオタしてぇ〜〜!!!!!

ジャニオタするってなんぞやと我ながら思ったが自担の舞台は行けそうにないし、コンサートの予定も見当たらない。雑誌に出ているだけありがたいのだが…。

そう思いながら車のエンジンをかければ、取り込み中だった桜色桜風が流れ出す。

…そういえば、毎日V6を聞きながら通勤退勤している。ケータイにはV6のくじのストラップが揺れているし、普段持ち歩いているものは財布に始まりカードケース小銭入れ果てはスマホカバーやキーホルダーどころか車までもが自担カラーこと赤である。

というか先日ついに森田くんの担当になったきっかけである「人間失格」の特別版をぽちってしまったばかりだったことを思い出した。ヒメアノ〜ルも一緒に予約した!ピンクがよかったのでHMVさんにした!楽しみ!

f:id:secondcentury:20160822102209j:image(森田くんの中原中也は素晴らしい。)

あ、ジャニオタしてたわ。

感覚が麻痺しているなあと痛感した次第である。

 

まだ免許を取って半年にも満たないのでやはり運転が少し怖い。

しかしV6を聞きながら通勤すると背中を押されているような気持ちになる。退勤時には労られているような心地になれる。

帰りながら坂本くんの歌声を聞くと帰れる喜びが増した。

朝から疲れていても長野くんの歌声で頑張ろうと思えた。

少し運転中にパニックになりかけても井ノ原くんの歌声を聞くと落ち着けた。

落ち込んだことがあっても森田くんの歌声があったから前向きになれた。

休日を控えた日に三宅くんの歌声を聞きながら予定を考えると自分のために何かしようと思える。

休日に岡田くんの歌声を聞きながらドライブすると何もかもがうまくいきそうな気がした。

 V6が好きだからそう思うのか、V6だからそう思うので好きなのか。私にとってのV6はあらゆる症状に効くお薬であり、一杯のお茶のように日々に欠かせないものだ。

対して私にとって関ジャニ∞は例えるなら栄養ドリンクだろうか。オロナミンCのCMをやっているのを抜きにしてもそう思った。もしくはカツ丼。(ほっともっとさんのカツとじ好きです。)

ここ1番のときに聞くと、ぐっと力が出る気がする。

 

みなさんにとっての自担はどんな存在なのか、よければ教えて頂きたい所存である。