君が居なきゃ生きられない

新規ジャニオタの雑事

【妄想】もし関ジャムにV6が出たら

日曜の深夜に関ジャム 完全燃showという番組が放映されている。
関ジャニ∞がゲストのアーティストとトークやバンド、ダンスなどでセッションする歌番組だ。この番組にマッチさんが出演なさったのは記憶に新しい。その回を見ながらこう思った。
V6も出てくれないかな、と。

トンカツとカレーを合わせたカツカレーが美味しいように、好きなもの+好きなものはおいしいのだ。
あの番組に出演するアーティストは新曲リリース時が多い。しかし現在、35周年を記念したマッチさんがベストアルバムをリリースした時以降、ジャニーズは出演していない。
20周年を迎えて一枚目、ならチャンスがあると信じたい。
そんなわけで妄想を綴っていこうと思う。

V6と関ジャニ∞の共演について

マッチさん の時は年表が作られていた。ぜひV6の時にもお願いしたい。しかしデビュー時の比較等よりも共演作品を取り上げてほしいと思う。
共演作品の中でも流れてほしい、できることなら触れてほしいのは
・「東亞悲恋」(井ノ原・横山)
・「NEVER GONNA DANCE」(坂本・渋谷)
・「天地明察」(岡田・横山)

この三つについて。特にミュージカルソロコンサートの予定がある坂本くんと関ジャニ∞の中でも一番最近ソロコンサートをしていた渋谷くんの会話を是非聞かせてほしいところだ。

トーク内容

これは我らが井ノ原快彦の独壇場になりかねない。横山くんとは舞台・CMでの共演があり、村上くんとはよく飲みに行くとネクジェネで話していた。個人的に取りあげてほしい話題としては
  1. 大倉忠義のジャニーズ入所のきっかけ
  2. 岡田准一の好みの顔
  3. リサイタル長野公演での一幕
  4. カミセンVS三馬鹿トランプ
の四つだ。

1→大倉くんが入所したのは森田くんがきっかけだったという話。この話を混ぜないと森田剛は話さないかもしれない。トリオザシャキーンの三人と食事をしにいった話もぜひしてほしい。

2→いろいろな雑誌で書いているが最近だとオカダのジショでも載っていたと思う。「好みの顔は錦戸亮くん」これについて本人に伝えてほしいし、ついでに24時間テレビのように岡田准一被害者の会が関ジャニにはどれくらいいるのかも気になるところだ。

3→「長野くーん!」と長野公演だから叫んでいたという情報がある。ほかにもジャニーズで三番目に尊敬している人に名前が挙がっていたとも聞いた。それを聞いた長野くん、そして長野くんが大好きな岡田くんの反応がみたい。

4→これは関ジャニ∞がデビューする前にホテルでトランプしたという話‥なのだが、確実に森田くんが覚えている訳がない。記憶力の良さそうな村上くんから思い出させてあげてほしいと願って止まないし、できるなら再戦してほしい。

セッションする楽曲

一番の問題となるのはここだろう。WAに名って踊ろうは2009年のベストアーティストですでにセッション済み・TAKE ME HIGHERは嵐がコンサートでやってくれたのでそれ以外の曲になってくる。
MUSIC FOR THE PEOPLE、Darling、MADE IN JAPAN、愛なんだ…等々あれど、
私はV6の曲・カミセンの曲・トニセンの曲…と三曲やっていただきたい。
ついでに言えば関ジャニ∞も覚えている曲の方ができる限りいいだろう。でもやっぱりこの曲をやってほしい…!と悩んだ末にできあがった私の考えたさいきょうのジャムセッションが以下の通りである。

1曲目
「スキさすっきゃねん」Coming Century

2曲目
「honey」20th Century

3曲目
「愛のmelody」V6

恋愛ソングでまとめてみた。マッチさんの場合は全曲全員だったがV6の場合は上三人がトニセンと、下四人はカミセンと、そして全員でのコラボレーション…というのが望ましい。演奏・ダンスどちらでも構わないし、なんなら歌うだけでもいいと思う。

ミニコーナーがあったとしたら

ここまで盛り込むとなさそうなものだがスペシャルにすれば問題ない。
長野博おすすめグルメコーナー」は絶対に入れたい。ジャニーズの魯山人のグルメレポは勉強になるだろうし、太らないための努力で変わらない体脂肪率の話がほしい。
「井ノ原快彦の曲作り」というのも面白い
とおもう。関ジャニ∞は楽曲を自分たちで作ることもあるし参考になるかもしれない。
坂本昌行の料理コーナー」はアブナイ夜会と被るのでここはあえて「元ヤン坂本昌行伝説」もしくは、坂本くんと村上くんを昆虫館にロケに行かせるというのが見たい。虫嫌い二人がおののく様は他メンバーが爆笑すること間違いなしだ。
森田くんに関しては本人がコーナーをやりたがらないだろうし三宅くんは放送事故を起こしかねないので、大倉くんと村上くんで二人を接待するのはどうだろうか。それでも何かしら起きそうな気もするけれど、村上くんなら何とかしてくれる…だろう。
岡田くんには格闘技の技をいつも通り見せてほしいが、演技の話題もしてほしいと思う。いつも格闘技やトレーニングの話のインパクトが強すぎるから記憶から抜け落ちてしまいがちな気がする。申し訳ない。

最後に

思った何倍も長い記事になったが、なんならカミセントニセンどちらかだけでもいい。
冒頭でも述べたように好きなものと好きなものが合わされば更においしい、それだけの話なのだから。