読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君が居なきゃ生きられない

新規ジャニオタの雑事

自分の担当と、副担当について

私の担当とする人物は、V6の森田くんである。ジャニオタになるからには自担という存在が必要なのだろうと選んだのが彼だった。言い換えれば、彼を最初から追おうと思ってジャニオタを始めたことになる。

私にとっての担当の扱い
・掲載されている雑誌は、お金がある限り購入
・出演番組は時間が合う限りオンタイムで見る、録画ができるものは必ず行いDVDに保存
・今までに出演した作品は機会があれば必ず見る
・グループのアルバム・CD等は発売されれば必ず初回盤ABのどちらか、あるいは両方を購入
※雑誌掲載に関しては学生では全て追っていたら破産するので厳選せざるを得なかった。


一方、副担は関ジャニ∞の村上くんだ。最初は渋谷くんが気になって関ジャニ∞を追い始めたのだが、気がつけば彼を副担に置いていた。
一時期は担折りも考えたが、森田くんへの興味が無くなったわけでは一切無かった。
友人以上恋人未満とみたいな。好き以上担当未満、とでも言えばいいのだろうか。
私にとっての副担は『48グループのような総選挙があったとして、投票券が三枚あった場合に一枚は彼に費やす』、そんなイメージだ。

私にとっての副担の扱い
・掲載されている雑誌は記事次第で購入
・出演番組は内容次第で録画しておいて見る
・今までに出演した作品は機会があれば見る
・グループのアルバム・CD等が発売された場合、スキな雰囲気の曲だったら初回盤ABのいずれかを余裕があれば購入

出演番組についての違いは、歌番組をのぞけば森田くんは特番のバラエティかドラマだけだったが、村上くんはレギュラーのバラエティーが多いからこの体制を取っている。

担当と同じグループのメンバーの扱い
・雑誌はほぼほぼ買わない
・出演番組はレギュラー以外にでる場合はメンバー次第で録画しておいて、内容によって保存するか決める
・出演作品は見れたら見る

余談:他のグループに関して
何もしていない、訳でもないといったところか。
大きな歌番組のコラボレーションメドレーやシャッフルメドレーはもちろん、V6にはJ-FRIENDでTOKIOKinKi Kidsとの絡みがあるので、その二組も残している。
それ以外にもKAT-TUNの「KISSKISSKISS」といった好きな曲が歌われれば残すし、
未だに見返す勇気がでない前回のベストアーティストで衝撃的だったタッキー&翼の「山手線内回り~愛の迷路~」は絶対に残しておくつもりだ。