読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君が居なきゃ生きられない

新規ジャニオタの雑事

トットてれびはヤバイぞ

関ジャニのこと

土曜日の夜、皆さんは如何お過ごしだろうか。

私の住む地域はネクジェネが日曜日なので夜にはぶっちゃけてしまえば特に無い。

否、無かった。

私の土曜の夜は今、トットてれびを見るという楽しみがある。

トットてれびとは、言わずと知れた黒柳徹子さんのエピソードを脚色しつつコミカルに仕上げたドラマである。現在3話まで放映されているがこれがすごい。

まず始まりから私は心を掴まれた。なにせいきなりなんの説明も無しに銀髪の徹子さんが出てくるのである。

あの徹子さんは何なのかと公式サイト(登場人物(キャスト) | トットてれび)を見れば、

百歳の徹子さん  未来の世界からやってきた。駄菓子屋の店先に座り、テレビの世界に生きる徹子たちをみつめている。
この説明文だけでものすごいドラマだと思わざるをえない。

そして次に何がすごいかといえば、黒柳徹子さん役の満島ひかりさんだ。
徹子さんはとても特徴がある動きや言動、喋り方をする。それを見事に表現している、というかあれは乗り移られているようにさえ思える。やばい。
私が印象深かったのは1話でラジオのエキストラをするシーンの一連だ。あれは黒柳徹子さんでしかない!

他のキャストの方々も豪華でハマリ役である。坂本九さんを演じる錦戸くんがかわいい3話をぜひ見て頂きたい。かわいい。
出番が2、3話ということでこっそり坂本九さんはとある事件でお亡くなりになるのでそこがドラマにされるのではと勝手に心配していたがそんなことは無かった。20時15分からの健全なドラマにそんな悲劇は無いのだ!

昭和の名優に興味を抱くきっかけになり、明るく楽しめるトットてれびはますます面白くなることと思う。ぜひぜひ皆さまもご覧になってほしい!