君が居なきゃ生きられない

新規ジャニオタの雑事

安田くんは万華鏡に似ている気がした話

「ばしゃ馬さんとビッグマウス」という安田くん主演の映画がある。大好きなのに苦手なこの作品は、偶然にもヒメアノ〜ルの監督と同じ方のものだ。
夢をどう諦めるか、という作品でありちょうどその頃自分の夢に悩んでいた時期だったので深々と刺さったのを覚えている。

この話の安田くんの演技は異常なほどリアリティがあった。

天童は当たり前だが、外見は安田くんそのものである。
衣装も安田くんの私服なのかと思うくらいがっちゃがっちゃしていたのに、
映画を見て感じた性格としては安田くんと正反対である。傲慢で、作中でその天狗のような鼻がへし折られていくのは痛快…とはいかないのがまた深い映画だった。

そんな良い印象がほぼ無い天童にドキドキした、というかゾクゾクしたシーンが、喫煙している所だ。

安田くん本人も喫煙者という噂は聞いているし、理解しているがどうにも彼とタバコが結びつかないままなのは私だけだろうか?

真っ暗な喫煙所。中性的な格好をして女の子のような笑顔を浮かべて、手慣れた手つきでタバコを吸う。普通のことで日常的なシーンなのにいけないことをしているような錯覚を受けた。

ギャップの破壊力が身に沁みる。

かわいい、とかっこいい、と色気、が安田くんは見るときによってちがう。くるくる変わる万華鏡みたいだ。