君が居なきゃ生きられない

新規ジャニオタの雑事

今日この日に寄せて、伝えたいこと

ジャニオタブログのくせにジャニーズには全く関係の無い記事である。ご了承願いたい。

 

明日8月9日11時2分は長崎に原爆が落ちた日だ。世界で唯一「核兵器を使用された国」として、少しでも記憶にとどめて頂きたく筆をとった次第である。

 

わたしは祖母が被爆者なので被爆三世に当たる人間だ。祖母の弟は原爆で全身にやけどを負ったが、「野菜の残りカスと船用のペンキでどうにか治した」という話を聞いている。数えるほどしか会ったことは無いが元気なおじいさんだった。今もご存命である。

 

県民としては8月9日は小中高と必ず登校日になっており、小学校では原爆についてのパネル展示が校内で行われていた記憶がある。ガラス片がたくさん背中に突き刺さった人や、皮膚が焼けただれた人の写真などもあったことは今でも忘れられない。

それが全国的には普通でなかったことを知ったのは高校を卒業してからのことだった。

 

近頃平和公園が流行りのアプリのスポットになって削除を求めたという話があった。これに抗議する人が多くいて驚いた覚えがある。

「平和な時代になった証拠じゃ無いか」といった意見があったが、わたしとしてはあの場所はそういった憩いの場では無く、思いを馳せる追悼の場所という認識だったからだ。

 

長崎にはもちろん原爆資料館があるが、長崎市内のとある場所には「日本が与えた加害についての資料館」も存在するのだ。

厨二病真っ盛りだった私がドクロモチーフが苦手になるような衝撃を受けたので今でも覚えている。観光に来られた際は是非立ち寄って頂ければと思う。

 

私はなんだかんだ細々とした文句はあるものの、長崎という土地が大好きだ。再び戦争が起こりそうな今こそ過去の歴史を振り返り世界平和への思いを新たにするべきではなかろうか。

明日のお昼頃、みなさんの記憶に少しでも長崎のことがよぎることがあれば私としては満足である。

 

なんて、偉そうに述べたところで私にとっての平和はV6が笑っていることなのだが。