君が居なきゃ生きられない

新規ジャニオタの雑事

V6担キスブサに怯えて安堵する

どうもV6モンペです。

キスブサのことは知っていた…というか毎回録画している。かなりすきな番組だ。Kis-My-Ft2の皆さんも個性が豊かで楽しい。が、近頃みなさんで競っていないのをみながら寂しく思っていた。

そこに我らが三宅くんが来るということで不安と期待で感情がぐるぐるした。

 

キスマイ担の方に知ってほしいのは、まず健くんはかなりアイドルを意識してくれるアイドルということである。以下軽いまとめ。

  • V6にはなぜかglee乙女ゲームがリリースされていた(なお惜しまれながらすでに配信終了している)のだが、三宅くんは本人がまさかのプレイしていた。しかも剛健コンビという古来からあるシンメに従ってか剛くんしか攻略していなかったとの噂。イベントではシナリオをフルコンプしていた(かなり大変)という。つまりすごいガチ。
  • 三宅くんは排泄物がマシュマロ(という設定)。ラジオがとにかく愛に溢れておりその文字起こしが公式ブログで読めます。
  • ソロ曲に「悲しいほどにア・イ・ド・ル 〜ガラスの靴〜」がある。悲しいほどにアイドルである。
  • ファンのことをとにかく大事にしてくれる。今ジャニーズWebでは三宅くんの連載が一年ぶん読めるのだがとにかく優しい。20周年の記念日には自分のV6のファンクラブ会員証(なぜかV6のファンクラブ会員証はキーホルダーである)のリングを左手の薬指に通した写真をアップしてくれた。

などがある。なお、ほんの一例である。

 

そんな三宅くんが来るということでかなり期待していた。多分三宅くんはもともとキスブサを見ているだろうと思ったらその話をしていてやはりな、という気持ちである。後輩の番組チェックも欠かさないのが三宅くんのアイドル力の一つだ。

 

しかしわたしはどうしても、最下位近辺になった場合辛辣な意見がぶつけられるのではないか、キスの仕方というのはいわゆる「同担拒否」な方々に不快な思いをさせてしまって批判されるのではないか、ととにかく心配になってしまった。

なにせ三宅くんは上にあげた通りとにかくアイドルとはいえもうキスマイさんとはだいぶ歳が離れている。もしかしたら評価する女性に刺さらないかもしれない。

 

そう怯えつつも迎えた今回。

最高だった。

キスの仕方というお題をむしろ待ち望んでいた方が多く散見されたし、三宅くんもよかったとキスマイ担の方に言っていただけてとても嬉しかった!

本当にありがとうございました!

 

わたしが見た限りは、リアルなラブセンの中の三宅くんだった。わたしがあの日あの時ゲームの中とはいえ付き合っていた三宅くんそのものみたいな言動と行動で胸が苦しくて仕方ない。

 

三宅くんはチャラか見えるかもしれないがとにかく努力の人で礼儀正しい。和風なものがすきで潔癖症であり、意外かもしれないが煙草は吸わないしお酒も飲めない。そんな可愛らしい人だ。

 

(個人的にすきな礼儀正しいエピソードは、

紅白で伍代夏子の後ろで踊らさせていただく、を踊らされる、と噛んでしまって死ぬほど落ち込み

(V6の他のメンバーに慰められていたレベル)

後日詫び状をお送りしたという話だ。

伍代夏子さんがそれをラジオで話されていて、「気にしなくていいとお酒を贈ったが飲める年齢だっただろうか」と気にされた(※当時すでに35歳)というオチも最高である。大好き。)

 

手話をファンのために習得した、とかダンスは苦手だったところから周囲から評価されるほどになった人である。すこし自由すぎるところもあるがそこもまた愛らしい人誑し、三宅健くんを気になった方がいればぜひ!今回のV6のアルバムを手にとってほしい所存だ。全曲のPVが付いているDVD付きである。CMの宣伝文句が「無茶したな、V6」だったりする。ファンは心配です。