君が居なきゃ生きられない

新規ジャニオタの雑事

先輩とパートナーを組んでました。(うたプリAS終わりました、という話)

もしもヒロインがパートナーを失いそのままマスターコースも受けられずタイムリミットが近づいたら…という展開から始まって割とびっくりした。ファンディスクだから仕方ない。今回もバリバリネタバレありで書いていく。諸々、ご留意ください。

 

 

今回の攻略順は以下の通りである。

黒崎蘭丸さん

寿嶺二さん

美風藍さん

月宮林檎先生

日向龍也先生

カミュ

の順だ。それでは感想。

 

黒崎さん→優しい…?!から始まった。申し訳ない。前作であまりに拒絶され続けたので違いに戸惑った。あの時は御曹司2人に思うところがある上に女性作曲家でこじらせまくっていたんだろうか…。

ピーチ太郎で死ぬほど笑った。聖川真斗くんだけ女装スチルがずっとある気がする。

パセリのお二方がいいキャラだった。特に恋愛ルートのまさかの勘違い。でもテーブルの下でキスはバレるんじゃないか。印象が多少良くなったので頑張ってクリアして良かった。友情ルートのカミュ様が好きです!

 

寿さん→でました闇が深い案件。親友の失踪による他の友人たちからの(八つ当たりのような)怨恨、更にパパラッチされての失踪、と一番波乱が多い気がする。いい人という印象は変わらないが正直、先輩にはとてもいいが恋人にはあまりしたくない。

 

 美風藍さん→話の展開が一番好きだ。物語として彼のストーリーが一番興味深い。ロボットである彼との恋だが人間味があってよかった。大恋愛エンドの後愛音さんも目覚めたんだろうか。その場合の寿さんや片桐さんたちはどんな反応だったんだろう?など想像の余地が大きいのもまたよかった。

 

月宮林檎先生→甘い!恋人同士という関係から始まることに驚いた。セイラさん再登場がかなり嬉しかった。だけどわざわざバラシに行くヒロインェ…。可愛らしい林檎先生に翻弄されるのが楽しかった。少し子供っぽいところもあったがそれも彼の考えのうちなのだろう。ずるい大人だ! ついでにメモリアルの月宮林檎ファンクラブの話が面白すぎた。

 

日向龍也先生→好き…という感情以外無くなってしまった。最高すぎた。男らしいが故に責任を背負い込みすぎる彼を支えたいと思ってしまうじゃないか。恋人にかなり甘いのもまたよかった。メモリアルでの電話越しのキスが特にやばい。翔くんが同じステージに立てて嬉しい!と喜ぶ姿が可愛らしい。大恋愛エンドのスチルがえっちだった。ごちそうさまです!

 

カミュ様→すきだと思っていたし友人たちにもすきだろうと言われていましたがやってみた結果、

好きです!!!!!!!!!!

わかりきっていたがとても楽しかった。少しずつ態度が共に暮らす内に軟化していくカミュ様がたまらなく愛おしい。大好きだ。ルートの感想としては…ミューズの力はすごい、私は感動を覚えずにはいられなかった。大恋愛ルートの後女王様と日本観光したい。女王様もかなり好きなキャラなのでむしろ女王様ルートをやってみたいとさえ思った。

 

そしてレインボールートだが…安定のうたプリのカオスっぷりというかなんというか。呪いで猫になることになんの疑問も抱かなくなっている自分が怖い。 とりあえずレインボールートをサクサク進めてASASに行こうと思う。音ゲーがやはり不安で仕方ないまま私はPSPと向き合うのであった。(つづく)