君が居なきゃ生きられない

新規ジャニオタの雑事

『ぼくのうた』を聞けなかった

https://youtu.be/WOt4H-Jdu-M


ジャニーズブログだけれど、ジャニーズではない話題になってしまった。


久々の更新だ。以前書いた内容も正直覚えていないけれど私は元気です。一応、という注釈をつけざるを得ない程度に満身創痍ではあるが。

先日の『愛なんだ』さえ、結局は見なかった。トレンドに入っていたし放送日もわかっていたけれど。

以前ほどの熱はやっぱりさっぱりなかった。


さて、渋谷すばるというアーティストのアルバム発売が近い。あるいはそろそろ発売なのか。私はもうそれさえ存じ上げない。調べていないのだ。買うかどうかという選択肢ももう浮かばない。


ただYouTubeでそれを押してしまった。せっかくだからと思って視聴して、…聞けなかった。


彼の履歴書がわりみたいな歌だと思って聴き始めて、語りかけるような歌詞に捕まえられる気がして逃げ帰った。

『自分を見たことがある人がいたら、頭の片隅にいさせて欲しい』

というような歌詞があった、気がする。詳細は調べていないから間違っていたら申し訳ない。けれど、どうにも。

私の知っている彼ではないと、どこかで思ってしまった。


関ジャニ∞』の中心であり核だった彼。あの場所にいる限り身内に向けた顔をそのままこちらにも見せてくれていた。

『ジャニーズ』ではどちらかといえば異端児だった彼。その場所にいたから掴めたものも諦めたものもきっとたくさんあったのだろう。

『アイドル』だった、彼。

アイドルでいる限りバラエティで彼の笑顔を、曲以外の側面をたくさん見つけられた。ダンスだって苦手だと言っていたけれど見せてくれた。なにより表現の1つとしての、彼の演技が好きだった。

その全てを彼は、見せたくなかったのかなあと今更思った。


私は多分彼の求める濃い奴らになんてなれない。だって、彼を見るとやっぱりまだ苦しくて悔しくてたまらないのだ。

関ジャニ∞っていうジャニーズのアイドルをやっていた思い出の中の彼さえ塗り替えられる気がしてしまうから。


好きでいることができなかったけど、

好きになれなかったけれど、

今後の活躍を心よりお祈りしています。